バナースタンドはどこでプリントをしてもらえるのか?

バナースタンドとは、展示会やショールーム、さまざまなイベントなどのPRや、店舗内や路面での商品をアピールするもので、省スペースで人の目に付きやすく、効率よく集客や宣伝ができる便利なツールです。一般的にスタンド看板は種類がたくさんありますが、それらと比べて骨組みが最小限に施されているため表示面が広く、種類によっては高さ調節が可能な所がメリットです。さらにロールアップタイプ、はと目型タイプ、タペストリータイプ、袋縫いタイプがあり、分解や持ち運びが楽で簡単な組み立てで完成する物から重厚感のあるものまで種類が豊富にあるので、設置場所や予算によって選択します。さらに効果的に宣伝を図るために他とは違うデザイン性やオリジナリティで差をつけることが大切です。

プリントをする時のポイントと注意点

バナースタンドをプリントするには専門業者に頼みます。今はネットで簡単に発注することが可能で、希望のデザインをオーダーしてから仕上がりまでが比較的早く、綺麗に仕上がることで知られており、価格もお手頃なことが効果的に宣伝することのさらなるメリットといえるので、非常にコストパフォーマンスの良い宣伝媒体だと言えます。ただし、デザインを決める時に注意が必要なのは文字を大きく入れる事です。遠くからでも見えやすく、簡潔な内容が適しています。あまりに小さい文字だとプリントをする際に文字が滲むこともあります。また、画像を載せたい場合は拡大、縮小をせず、原寸サイズで入れていく事です。解像度をきちんと計算して配置する必要があり、PRをしたい大事な写真がきれいに見えるように仕上がる前に打ち合わせを重ねる必要があります。

置き場や用途によって選ぶコツとは?

PRをしていくにあたって、たくさんの種類があるので置き場や内容によってタイプや面積を変えていくことが大切です。例えば広いショッピングセンターのホールであればコンパクトなサイズでは目立たないので、大きくて文字も幅広い年代の方が読みやすいように工夫する必要があります。対して個人の店であればお客様の邪魔にならないコンパクトかつきちんとPRしたいものを絞って載せる必要があります。また、広い場所が取れるのであれば磁石で連結して横並びができるマグジョイントタイプや大型ウォールバナータイプで会場のブースの仕切りや目隠しをすることもできます。移動が多い方であればロールアップタイプが重宝します。ぜひ、PR効果に優れたバナースタンドを用途や置き場所に合わせて選んでみてください。

メール/FAXでのお問い合わせは、24時間受付中です。 当社は記者会見時のバックボードから補修・交換用パーツまで幅広く取り扱っていて、日本全国どこでも配達することが出来ます。 当社では、様々なタイプのバナースタンドを豊富に取り揃えており、使用場面に応じて適切なタイプを選択していただくことができます。 バナースタンドの販売実績13年!高品質・適正価格で営業しております! バナースタンドのプリントはバナースタンド研究所