Topics

有利な条件で売却する方法は?

薬局を廃業するするのはもったいない!売却して無駄を省こう! 高齢で跡継ぎの問題…

More...

売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談

調剤薬局の売却は完全成功報酬型の経営支援サービスの専門業者へ! 近年、調剤薬局…

More...

経営不振を回避するのも難しくない

調剤薬局の売却は経営支援サービスの専門業者に 年齢的な問題や後継者不足など、様…

More...

売却後も良いポストに残れる可能性がある

地方でも薬局の売却が可能です!需要に応えられる専門業者に依頼! 薬局を売却しよ…

More...

薬局の事業継承を行うならM&Aで売却しよう!

これまで近隣の医療機関と連携して調剤を行っていたものの、高齢かつ後継の問題で事業継承に困っていませんか?調剤薬局を廃業してしまうと遠くの調剤薬局まで足を運ぶ必要があり、医療機関から何とか事業継続を望まれているオーナーの方は経営支援サービスの専門業者に依頼して調剤薬局を売却してみませんか?
新規に調剤薬局を開業した場合、情報はゼロからとなり医療機関や利用者にとっても負担は大きくなります。また、遠くに開業した場合には高齢者が足を運ぶことができず安心して医療を受けることができなくなってしまいます。しかし、M&Aならこれまでの病院との連携情報や利用者の情報、事業を譲渡継承することができスタッフのそのまま雇用してもらうことができます。また、大手チェーンの調剤薬局に売却することができれば、その後も安定した調剤薬局の維持、地域医療の安定、大手企業であれば医療報酬も抑えられより利用者の負担を抑えた調剤も期待することができます。
もし、近隣の調剤薬局が無く、自身も事業継続や継承が困難という場合は経営支援サービスの専門業者に依頼してみましょう。売却して収入を得ることができるだけでなく、経営役員として残留し収入を得ることもできます。高齢で引退したいという場合にもおすすめの方法です。

事業撤退で薬局を全店舗まとめて売却するならM&Aを!

これまで調剤薬局やドラックストアを事業として行っていたものの、大手チェーンとの競争激化やスタッフ不足、制度改定による報酬減少により収益が減少したなどの変化を受けることは少なくはありません。もし、事業撤退を行い全ての店舗をM&Aにより売却したいというのであれば、経営支援サービスの専門業者に依頼してみては如何でしょうか?
事業撤退といっても、薬局やドラックストアといった資産を売却するだけには留まりません。これまで勤務していた薬剤師や事務スタッフ、ドラックストアならパートやアルバイトの再就職先まで考える必要があります。しかし、薬局やドラックストアの売却を経営支援サービスの専門業者に依頼すれば、これらの問題を解決してくれます。
物件や設備はしっかりと価値を査定し、即戦力となるスタッフはそのまま勤務を継続することができます。M&Aで買取を行う会社にとっても薬剤師やスタッフの確保は重要な問題であり、そのまま事業継承に応じてくれる可能性が高くなっています。特に事業撤退により、他事業への影響を避けるためにも勤務するスタッフの再就職先の問題も解消できるM&Aは有効なものとなります。そのほか、経営支援サービスの専門業者に依頼すれば短期間で事業譲渡を対応することもでき、価値が下がる前に高額な売却も期待できます。

調剤薬局M&A成約件数累計150件以上。 全国9拠点(札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)からサポート致します。 あなた以上に、あなたのリスクに向き合う。 M&A案件成約に対する完全成果報酬のため、成約決定まで全てのご相談・ご対応が無料です。 M&A案件成約まで、お問い合わせから、価値算定・訪問・資料ご提示まで全てのご相談・ご対応が無料。 薬局の売却ならCBパートナーズにお任せください。

更新記事リスト

2018年11月29日
有利な条件で売却する方法は?を更新。
2018年11月29日
売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談を更新。
2018年11月29日
経営不振を回避するのも難しくないを更新。
2018年11月29日
売却後も良いポストに残れる可能性があるを更新。
トップへ