調剤薬局の売却は完全成功報酬型の経営支援サービスの専門業者へ!

近年、調剤薬局を取り巻く環境は大きく変化しています。経営者や薬剤師の高齢化による廃業検討、制度改定による調剤報酬の減額、スタッフの確保困難そして大手薬局との競争激化などがあります。これまで個人経営を行っていたものの、売却を検討する際に完全成功報酬型の経営支援サービスの専門業者に依頼するのがおすすめです。
調剤薬局の売却といっても、そのままの形態を維持したM&Aになります。しかし、需要と供給と問題もあり、専門業者に依頼したものの買い手が付かずに着手金や中間金だけが発生し、売却どころか費用負担だけが発生するといったことがあります。ですが、完全成功報酬型であれば、着手金や中間金といった費用が無く、実際の売却額に応じた報酬の支払となるため交渉が不調に終わった際には報酬自体が発生することもありません。
また、完全成功報酬型であれば依頼された専門業者側も交渉が不調に終わった場合、経費だけが発生することになるため、売却先も数多く検討してくれるため売却自体の成功率アップも期待できます。先ずは、調剤薬局の売却する際には、費用面での負担回避、M&Aの成功率アップが見込める完全成功報酬型の経営支援サービスの専門業者に依頼してみては如何でしょうか?規模が大きな専門業者であれば、取引先も多く高額な売却も期待できます。

薬剤師ではあるものの薬局経営に不安があるなら売却という選択肢も!

これまで実家が薬局を経営し経営管理から調剤まで対応していたものの、事業継承時に経営に不安を感じることは少なくはありません。薬剤師はあくまで薬剤のプロであり、経営のプロではなく、優秀な薬剤師であっても経営不振に陥る可能性があります。しかし、経営支援サービスの専門業者に依頼して薬局を売却するといった選択肢があります。売却する際には、薬局という形を維持したままとなり、売却による収益が期待できます。また、自身は薬剤師や役員として残留することもでき、給与収入を継続的に得ることも可能になります。
実家が経営していた薬局を無理に維持することが無くなり、経営不振による倒産そして廃業により地域医療に影響を与えることを防ぐことができます。また、薬剤師や事務スタッフなども個人経営で確保が難しい場合でも、売却先となる会社が確保するためこれまで以上に薬局の運営効率化を図ることができ、利用者を長時間待たせるといった問題を解消することができます。さらに規模の大きな会社に売却したのであれば、都市部の医療機関の調剤も可能になることもあり、診察後に地元に戻ってきて近くの薬局で調剤をお願い出来る環境を地域に提供することも可能になります。先ずは、薬局の売却により事業拡大や自身も残留可能な経営支援サービスの専門業者に依頼しましょう。

更新記事リスト

2018年11月29日
有利な条件で売却する方法は?を更新。
2018年11月29日
売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談を更新。
2018年11月29日
経営不振を回避するのも難しくないを更新。
2018年11月29日
売却後も良いポストに残れる可能性があるを更新。
トップへ