薬局を廃業するするのはもったいない!売却して無駄を省こう!

高齢で跡継ぎの問題から薬局を廃業しようと考えているのであれば、薬局を取り壊さずにそのまま売却するのがおすすめです。薬局は、高価な機械や設備、システムと導入しており取り壊すとこれまでの投資が全て無駄になります。しかし、薬局という形態を保ったままで売却することで、取り壊し費用や設備などの売却損といったことが避けられます。不動産会社に廃業後の賃貸を委託したものの、薬局の形態では借り手が付かないという場合でも、経営支援サービスの専門業者に依頼することで薬局をその地域に開業しようとしている会社とのマッチングを行ってくれます。
買取る側にとっても、設備が全て揃った状態で薬局を開業することができるため、投資費用を抑えられるだけでなく、開業までの期間短縮にも繋がります。特に廃業後に地域から一時的に薬局が無くなってしまうといった状態を避けることも可能です。また、体力的に薬局を切り盛りすることが出来ず、スタッフも見つからないことが原因である廃業であれば、売却後は自分自身がスタッフとして勤務することもでき、経営を安定させることもでき、地域医療をその後も支え続けることができます。先ずは、薬局の廃業を検討する前に、経営支援サービスを検討してそのままの形態で残せる方法を選択してみては如何でしょうか?

薬局の売却は経営支援サービスの専門業者に相談を

医薬分業の普及に伴って薬剤師が薬の調剤を行う薬局は急速にその店舗数を伸ばしていきましたが、薬局の創業のブームから日が経った昨今では小規模の薬局を中心として後継者問題に直面しています。あまりにも加熱した薬局の創業ブームもさることながら、大手のドラッグストアの調剤薬局への進出などがあり業界の中で限られたパイを奪い合う状況となっているのがその背景にあります。
そのため、創業ブーム当時と同じように収益を上げられない薬局も少なくはなく、さらには薬剤師不足が影響して後継者の確保ができないという悩みを抱えた薬局の経営者もおられます。
もしも、このまま後継者となってくれる人材の確保ができない場合には、止むを得ず薬局の廃業を検討しなくてはなりませんが、廃業以外の道が全くないわけではありません。廃業以外の道としてはM&Aによる薬局の売却があります。
もちろん、M&Aによる売却は手続きなどの面で煩雑な部分もあり決して簡単に行えるというわけではありませんが、廃業をした場合には得られないまとまった金額を得られるというメリットがあります。現在、薬局の廃業や売却を検討されているというときには経営支援サービスの専門業者に依頼をして経営されている薬局の売却をしてみてはいかがでしょうか。

更新記事リスト

2018年11月29日
有利な条件で売却する方法は?を更新。
2018年11月29日
売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談を更新。
2018年11月29日
経営不振を回避するのも難しくないを更新。
2018年11月29日
売却後も良いポストに残れる可能性があるを更新。
トップへ