地方でも薬局の売却が可能です!需要に応えられる専門業者に依頼!

薬局を売却しようと考えているものの、都市部から離れていて需要がなさそう、地方だから買い手が付かないと考えていませんか?経営支援サービスの専門業者に依頼すれば、薬局の売却も需要がある地域であれば、地方や都市部から離れているということが関係ありません。地方や都市部から離れているといっても、医療機関が近くにあれば、調剤薬局やドラックストアとしての消費者ニーズが存在します。
今では、売却できないということはなく、地方に調剤薬局やドラックストアを開業しようとしているものの、既に地域に調剤薬局やドラックストアがあり、新規出店に投資を避けたいという会社には魅力があります。薬局のM&Aを行う経営支援サービスの専門業者はこのような需要にもしっかりと応えてくれ、経営者主観では売却できなさそうと思える薬局やドラックストアでもマッチングを行ってくれます。
また、物件としての価値だけでなく、設備も含めて価格を査定してくれるため、これまで調剤薬局として高額な投資を行っていたものが無駄になりません。また、後継者が薬剤師ではなく経営専門という場合でも経営役員として残留することもでき、代々受け継いできた事業を別の形で残すこともできます。先ずは、地方や郊外などで薬局を廃業もしくは閉業しようとしている際には経営支援サービスでM&Aを検討しましょう。

貸し出していた物件の薬局が撤退!薬局形態で売却しませんか?

薬局といっても形態は様々であり、調剤薬局やドラックストアで調剤まで行っているといったケースがあります。また、薬局の経営者と物件自体のオーナーが異なるといったこともあります。特に薬局に物件を賃貸していたものの、廃業を打診されたという物件オーナーの方は物件ごと売却することを検討してみては如何でしょうか?
立地条件が多いものの、スタッフ確保が困難や集中経営により撤退する薬局があります。この場合、新たに別事業者に賃貸を検討するものの、内装工事もしくは解体が発生することがあります。ですが、経営支援サービスの専門業者に依頼しそのままの形態での売却に応じてくれる会社を見つけることができます。自身は、経営役員となることができ、急な撤退を避けることもできます。また、高齢で物件自体を今後は管理する余裕がなく、悠々自適に生活したいというのであればそのままの敷地ごと高額買取を行ってくれる会社をマッチングしてくれます。
もし、薬局が撤退し物件の貸し出しに困っているというオーナーは経営支援サービスの専門業者に依頼して、解体や改装といった問題を解決してみては如何でしょうか?また、これまで入居していた会社を含めた交渉により、継続して薬局として賃貸を行えるかもしれません。

更新記事リスト

2018年11月29日
有利な条件で売却する方法は?を更新。
2018年11月29日
売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談を更新。
2018年11月29日
経営不振を回避するのも難しくないを更新。
2018年11月29日
売却後も良いポストに残れる可能性があるを更新。
トップへ