調剤薬局の売却は経営支援サービスの専門業者に

年齢的な問題や後継者不足など、様々な事情で調剤薬局を売却する時、売却後の薬局の状態やこれから先の収入など、様々なことに対して不安を感じる人は少なくありません。ただ売却をするのではなく、安心して任せることができる人や企業に引き継いで欲しい、売却後も安定した収入を得たいと考えるのであれば経営支援サービスの専門業者に依頼をすることがおすすめです。
経営支援サービスの専門業者に依頼をすれば、これまでの理念を引き継いだ上で調剤薬局を継続してくれる企業を見つけて貰うことができます。そのため、病院や地域の患者様に迷惑をかけることなく調剤薬局の売却をすることが可能となります。更に役員残留型のM&Aを希望すれば、売却後も顧問や取締役という形で調剤薬局に関わることができるだけでなく、一定の収入を確保することができるため、これから先の生活に対する不安も解消されます。
そのため、これ以上調剤薬局を続けていくことが難しい、任せたい後継者がいないと悩んでいるのであれば、まずは経営支援サービスの専門業者に相談をしてみると良いでしょう。相談をして専門家のアドバイスを受けることで、本当に納得のいく形での調剤薬局売却ができるようになります。

処方元の医師との関係に困ったら調剤薬局の売却という選択肢も!

調剤薬局の多くは、近くに医療機関があるといったケースが多くあります。これまで、地域密着型で病院と調剤薬局が二人三脚で対応していたものの、病院自体を経営する医師が代替わりとなり関係が悪化するといったことは少なくはありません。しかし、収入を得ている調剤薬局を廃業することはできないという場合、調剤薬局の売却を経営支援サービスの専門業者に依頼するといった選択肢があります。
いわゆる調剤薬局を異なる経営者にM&Aにより売却するといった方法であり、自身は経営役員として残留する、調剤する薬剤師は売却先の会社が確保して配置するといった方法を取ることができ、関係悪化による経営不振を回避できる可能性があります。また、大きな会社に売却することにより、経営体質の強化、これまで取り扱い経験が無く確保していなかった医薬品を取り扱えるなどのメリットが増えます。また、近年では調剤薬局の買取需要も高まり、売却先が見つけ難いといったことも少なくなっています。
特に処方元との医師との意見の違いで関係が悪化していた場合、第三者が介在することとなるため、直接的な影響も避けることも期待できます。もし、人手不足や経営不振ではなく、病院との関係に悩んでいる場合は調剤薬局を売却し、社員や役員として勤務することを検討してみては如何でしょうか?

更新記事リスト

2018年11月29日
有利な条件で売却する方法は?を更新。
2018年11月29日
売却かそのまま廃業か迷った時は専門業者に相談を更新。
2018年11月29日
経営不振を回避するのも難しくないを更新。
2018年11月29日
売却後も良いポストに残れる可能性があるを更新。
トップへ